仕事上で助けられている法律相談

時々法律相談に本人ではなく代理人が来ることがあります。本人にしかわからないことも多いので本人が相談すべきです。

法律相談は代理人よりも本人の方が良いです

仕事上で助けられている法律相談
時々法律相談に本人ではなく代理人がやってくる場合があります。本人に時間の都合がつかないからかもしれません。もしくは自分自身で法律相談に行くのが不安で他の人に代理人として行ってもらうことにしたのかもしれません。けれど法律相談は相談したいと思っている本人が行くべきです。代理人では問題があります。まず細かい事情は本人しか知らない部分も多く、代理人に思いつく限り伝えていてもやっぱり伝え漏れがあるということです。代理人が法律相談に行った場合は詳しい事情が弁護士に伝わらず、的確な相談ができない場合があります。

それから物事は解決方法が複数ある場合もあります。その場合どの解決方法が一番いいのかを決めるべきなのは相談したいと思っている本人です。本人がいない場合はどのような解決方法をとりたいのかの希望がわからないので弁護士の方も具体的な答えを出すことができません。一般論しか伝えられないかもしれません。どうしても何か事情があって本人が法律相談に行けない場合は仕方がないと思いますが、できれば本人が相談に行った方が絶対に良いと思います。やっぱり本人が相談に来ないとわからないこと、決められないことが結構ありますから。

 比べてお得!

Copyright (C)2017仕事上で助けられている法律相談.All rights reserved.